ぐるぐる。


ほっておくと頭がぐるぐるするので、
活字と音楽で頭の容量を埋めるのです。

だめだめだ。
だめだだめだ。

もっとまっすぐになりたい。
いつまでもらせんを描いていたくない。

ステージが上がったはずなのに、悩みってなぁ変わらないもんです。


つながろうと、手を差し伸べようとしてくれる人がいるのはありがたい。
本当にありがとう。

ごめんなさい。
それで、素直に立ち上がることができなくて。

それでも立ち直れない僕を見捨てないで。
立とうって思いはあるんだよ。
そして、十分に感謝をしているし、
神様もいるって思う。

でもそれでも、しんどいものはしんどいし、
不安なものは不安なんだ。よね。

いくつになったら治るんだろなあ。
いやだなあ。
もう。

それでも進歩したな、と思うのは、この苦しみが意味があるものだって思えること。

でも、それで好きな人に見捨てられるのは嫌だなあと思うし、
早く元気に立ち上がって、手を引いてあげたいと思う。

でも、少なくとも、おもりにはなりたくないし、
停滞するところにとどまれなんて言いたくないし。

だから、なんとか元気を出して、歩いていこうと思うです。
がんばろうと思うです。

どんだけしんどくても歩いていくことはできる。
動けなくなったら、それまでの人間だったってことで。
どんだけ苦しくても前進することはできるし。
絶命するその瞬間まで、意識をもって進んでいきたいと思う。
エウクレスにでも弁慶にでもなるし。


掲げた旗は折りません。
最期の最期まで、手放しません。

がんばるです。