塾講師。


今年は、もう一歩。
目標は講師の養成をすること。
教える喜び、伝わる喜びを、体感してもらえるように。
なにより全身全霊で取り組むことの大事さがしっかりと伝わるように。
わっくわく。


以下4年前くらいに書いてたこと。
今でも変わらない想い。
ゆらがないことはいいことだ。
名前を掲げて滑稽に。
もがいてもがいてもがいたその先が、
きっといいものでありますように。
たくさんの人の笑顔がありますように。


---

授業技術の基盤はできた。教科知識も大丈夫。あとは、意気込み・心構えだ。

何より夢があっていいじゃない。
自分一人だと、助けてあげられる人の数は決まっちゃうけど、自分が教えた人がまたさらに多くの人を教えて。その連鎖でもっともっと多くの人の助けになれる。
教師になったのは生徒をたくさん見てあげられるから。大きな岐路に立つ子たちの、人生の一助になれるから。
でも教師を育てることができればもっとたくさん関われる。

一人でも多く。一人でも深く。
自分を支えていく方法を伝えたい。
暗闇を切り裂く術を。
絶望からはい上がる手段を。
望む未来をつかみ取る技術を。

不条理な世界への宣戦布告。
変えてみせる。変えてみせる。この世界を。
望む未来に変えてやる。どれだけの苦難があろうとも。

I will change. I will change this irrational world into the world I hope for―― the world where everybody can feel happy and everybody can smile. No matter what and how many difficulties may come, I will battle on this field.
Hey, the guys ,you wait’n’see . I’ll show you what we can hope, what we can do and what we can realize.