私は私
あなたはあなた

乗り越えられない差異が、見えてさえいれば
乗り越えてくれるかも、と期待さえしなければ
壁の向こう側だけど、声を届けることができる
ひとりぼっち同士だけど、声をかけることはできる。