天帝


小説は天帝に捧げる果実。
一行でも腐っていてはならない。

中井英夫