『神様のカルテ』夏川草介

文庫版解説より

「現実」に深く思いの針を下ろした人でなければ、心地よい物語は書けません。
心地よい物語は、こうあって欲しい―こうあってくれたなら―という切実な願いから生まれでるもので、冬をよく知っているからこそ描ける春なのですから。