はやてのごとく


空前の数独ブームがやってきて、嵐のように過ぎ去った。