円居挽『烏丸ルヴォワール』


ああ、最高だった…!
読み終えるのが、これほどもったいないと思ったのは久しぶりだ。

どんでん返しが見事に決まっている。
きれい。
とにかく最高の一冊だった。

丸太町ルヴォワールとそろって、ぜひともみんなに読んでほしい。

早く次でないかなー。と、もうわくわくしている。



誰かに助けて貰ったら、それより多く返すのが筋ってもんだよ。私はそうやって生きることにしたんだ。

たのしかったよ。勘違いでも、少しの間だけ孤独を忘れられた。

馬鹿だが、どうやら俺にはないものを沢山持っているようだ。そしてそれはきっと本には書かれていないことばかりに違いない。