人生は蓮の葉の雨雫に等しい。

10月13日。
好きな人がやってくる。レタスとキャベツを間違えてやってくる。
本谷有希子『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を読み終わる。自意識の問題、アイデンティティの問題。誰かに仮託しないと自分が自分でいられなくなる。終わる。終わる。終わる。
『TRICK×LOGIC』で詰まる。
『LIMBO』をダウンロードする。詰まる。
どのゲームも詰まってばっかりで進まない。
つまってばかりでつまんない。


10月14日。
なぜだか非常に疲れていたし、雨も降っていたので、家から出ずに過ごす。
おもにごろごろしたり、ぐうぐうしたりする。
古野まほろ『天帝のはしたなき果実』の文庫版を読み始める。
出かける時には、雨がどしゃぶりでほんとうにいやな気分になって、外に出たくないな、と思った。
なむさん、と思って外に出た。わたしはもうずっと内側にこもって煮こごりになりたい。