わたしは平気だけど、あなたが傘を差し出してくれたから。

11月9日。

病院に行き、仕事をした。

 

11月10日。

とよ田みのる『最近の赤さん』を読む。仕事した。

『最近の赤さん』が泣けて泣けてしかたがない。

家族コンプレックスがあるわたしにきちんと家族がつくれるのかな。つくれるといいな。 おすすめです。

 

11月11日。

病院に行き、仕事をした。三昧の境地の話。

 

11月12日。

仕事をした。電子書籍の話。

 

11月13日。

京都に行く。中華をごちそうになる。

お庭の見える中華のレストランに連れていってもらったが、ウェイターの人がどうみてもカタギの人ではなかった。中華おいしゅうございました。

打ち合わせのあと、京都水族館にいく。お一人様。随所に工夫が見られてすばらしい。なぜこれまで来なかったのだろうか。年間パスポート買いたい。イルカショーでひとりで笛を吹いた。スポットライトがあたった。これが、地獄だ。

そのあと東寺の夜間拝観に行った。はじめてだったけど、ひときわしんと静かなのはとても良い。大好きなお寺。

 

11月14日。

京都にいる。大阪にいく。史群アル仙個展をみにいく。絵を買う。

大阪での用事ついでに、というか個展ついでの仕事を済ませ、史群アル仙の個展に行く。最終日でご本人も在廊していたので、たっぷり話が聞けた。すばらしい。ほんとよかった。あまりにもよかったので、えいやっという気持ちで絵を二枚買った。クレパス画購入者第1号だったらしく、とても喜んでもらえてとても嬉しかった。ふくろうをモチーフにした絵が多いのだけれど、今回は”少女”をテーマにしたもので、明るい色調のものも多くて、あふれるパワーというかなんというかそういったあれがすごくて、実物見るのはやっぱりいいなと思った。ふくろうは水に濡れても平気なんだけど、それでも傘を差し出してくれた、そんな絵。不安と希望がないまぜになって、暗い中にも色彩が潜んでいて、ずっと好きだったけど、いっそう好きになった。心斎橋からなんばまでてくてく歩く。人が多いけど非日常的でよい。土曜日だものね、と思った。apple storeがあったらiPad PRO触ろうと思ったけど、気づいたら通り過ぎてた。知らない街を地図も見ずなんとなく歩いていくのは楽しい。

 

11月15日。

帰ってくる。ダイニングテーブルを買う。なおちと会う。

史群アル仙『臆病の穴(1)』を読む。

大野晋『古典基礎語辞典』などを買う。 

ピザなどを食す。最近ピザがおいしい。チーズ。たまらん。こないだ食べそびれたクアトロフォルマッジを食べる。ちーーーーーーーず!!!!おいしかった。なおちはアンチョビを好んで食べていた。あんなしょっぱいだけのものを好むなんて味覚が麻痺しているな、と思った。あとは、コンビニで700円買ったらひけるくじを、ついうっかり二枚ひいてわたわたしていた。わたしはそれを遠くから見ていた。

 

 

11月16日。

なおちと街をぶらぶらする。仕事をする。

手塚治虫『日本発狂』を読む。

我が家の経済会議をするも、すぐに終わってしまい、なおちはずっと落書きをしていた。ユニクロでもこもこのパーカーとパジャマズボンを見つけて購入。もこもこしていていい。なおちは気取って裏起毛っていう。ボアだろ。もこもしているので、着るときはすごく嬉しいし、あったかいし、脱ぐときはすごく悲しくなる。仕事に行く気が10%減る。もこもこの毛布も出したので、もこもこの服を着て、もこもこの毛布に入って寝ると、もう二度と布団から出ないぞ!という気持ちになるが、もう二度と布団から出ない訳にはいかないので、どうすればいいのか毎朝途方にくれる。このまま布団から出ずに冬を越したい。もしくは、せめてもこもこのスウェットの上下で仕事をさせてほしい。

 

11月17日。

手塚治虫『ショート・アラベスク』『ロストワールド』『I・L』を読む。

三田紀房『インベスターZ(1)〜(10)』を読む。

仕事をする。

大量に手塚治虫Kindleで購入する。タガが外れたようになる。ブラックジャックだけにするつもりが、気づくとぽちぽちぽちぽちぽちとやって、かなり買い込んでしまった。ブッダ、火の鳥はもちろん、いっぱいあるんだもの。しばらくは手塚治虫漬けの生活を送る。いい時代だ。

パンを食べたくなったのでパンを食べたけど、パンはどうしてもつい買いすぎてしまうな、と思いながら買ったら、案の定パンを買いすぎてしまったので、パンを買いすぎたな、と思いながら食べた。買いすぎたパンはしばらくあとで食べた。パンとドーナツはいくつになっても買いすぎてしまう。あとバーベ―キューの適量。みえない。