生きているものを無数に集めれば、そこには死の静寂がある。

森博嗣『青白く輝く月を見たか?』を読む。

 

とはいっても少し前の話だが。

ブログを定期的に書く習慣がなくなったので、思いついたように書いているのだけれど、やはり少しずつでも毎日書きたいな、と思う。書きたいな、と思うことと実際に書くことの間には果てしない距離がある。 

新しい仕事をここ何年間か落ち着くことなくやっていたので、すっかり定期的にものを書く習慣を手放してしまった。いまの仕事環境がもう少し続いて落ち着いてくれば、少し余裕も出てくるのだが。内省する時間や言語化する時間がないと、日々は急流のように過ぎていく。毎日毎日狂ったようにブログを書いたりなんだりしていた時のほうが時の流れがゆっくりだったような気がするが、もしかすると歳のせいかもしれない。なんてことをいう歳になってしまったが、こういうことをいう歳に早くなりたかったので問題ない。

 

ここ2週間ほど睡眠サイクルが狂っていたので、朝5時に寝て、11時に起きるような生活をしていたが、入眠剤を新しくしたら、しっかり夜2時には寝ていたようで、朝8時には目が覚めた。とにかく6時間眠れるようになっただけでも大きな進歩なので、気落ちしないようにしている。以前は2時間で目が覚めていた。リズムが乱れると体調も悪くなってしまうので、なるべくならしっかりとしたリズムで寝たいものだ。薬を使うことには抵抗があって、使いながらもいつかやめてやろうと虎視眈々とその機会を狙い、そこそこリズムがつかめてきたところで、薬を抜いてもとの黙阿弥になるということを繰り返していたが、ある時薬はずっと飲み続けても大丈夫だから、リズムをキープすることを大事にしてくださいと言われ、それもそうだなと思ったので、飲み続けることにしている。ただ、バイオリズムの波があるので、朝がだるくなったり、飲んでも眠れなかったりということはあり、なかなか難しい。

何より朝11時起きだと子どもと遊ぶ時間がほぼなくなってしまうので、忘れられてしまうのだ。昼寝前に起きて昼寝中に仕事に行く、というようなことになるので、個々最近はいつも朝は泣かれていた。日曜日とかは、しばらくすると思い出すのか、しっかりなついてくれるのだけれど。

というわけで今日は、午前中から一緒に散歩に出かけた。これで父のことを覚えていてくれるといいのだが。

仕事の方は1学期の最終講なので、これまでの振り返りと、これからの展望を。

正しく努力をしよう、ということを繰り返し言ってきたつもりだ。

この正しいというのは、正しいとされていること、ではなく自分が正しいと思うことをしよう、ということだ。

自分が正しいと思えるだけの検討を惜しまずやって、その上で全速力で走ることが、後悔しないために重要なのではと思う。

正しいというか、納得できるというか。

妥協せず、正しいと思うことを何からも縛られずにするための環境を得ることが、僕にとっては何よりも大事なことなので、自由を得るための方法をしっかりと身につけてもらえればと思う。

頭を悩ませることも大変なこともあるけれど、それが自由である限り、楽しいものだと、信じている。